読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【S2シングル使用構築】磁力ジバコとスカーフテテフ【最終2110】

【始めに】
こんにちは。かぷちーのです。TNはなぐもなぎさです。
最高最終ともに2110。目標の2100を達成したので記事に残します。
スカーフテテフにとって邪魔なポケモンを磁力ジバコイルで処理してテテフを通すという狙いから構築を組み始めました。

f:id:cappuccino_poke:20170321025142p:plain

 

【個体紹介】

 

f:id:cappuccino_poke:20170321022114g:plain

カプ・テテフ@こだわりスカーフ
サイコメイカー
157-X-95-200-135-136
サイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/サイコショック

スカーフを持って眼鏡の火力を出せるから強い。最高火力のサイコキネシス、ドラゴンに打つムーンフォース、エスパーやギルガルドに打つシャドーボールは確定として、最後の枠は積まれると対処が難しいウルガモスを一発で落とせるサイコショックとした。他にはリザYやミミッキュやチョッキ何とかに打つ。控え目か臆病かでは一発で倒せる相手がかなり変わってくる(特にウルガモス)ので控え目にした。控え目にしたついでに無振りガルーラと捨て身タックルの反動で相打ちを取れるようにHに振った。Sは準速フェローチェ抜きくらい。なおH159-S134にすれば最速130族を抜いたままHが3nになり反動ダメージを増やせるように思えるが、捨て身タックルの反動は計算上1/3ではなく、H159でも52しか反動がないため157でいいらしい。このポケモンは初手に出して鋼を呼び、ジバコイルでそれを処理したのちに暴れるということが多かった。

 

f:id:cappuccino_poke:20170321015119g:plain

ジバコイル@ふうせん
じりょく
145-X-135-200-111-112
ほうでん/ラスターカノン/めざめるパワー(炎)/みがわり

ナットレイハッサムテッカグヤなどを磁力でキャッチして裏のポケモンの通りをよくする役割。テッカグヤナットレイは守るや宿り木を持っていることが多く、それらの技に身代わりを合わせてアドバンテージを取る。ナットレイは大抵身代わりを残したまま突破することができる。交代際にテッカグヤ地震ナットレイの地ならしを受けて即死することを防ぐために風船を持たせた。削れた物理ボーマンダガブリアスに勝てるのも便利だと感じた。テッカグヤは10万ボルトでも一発で倒せないので放電採用。鋼を突破した後出てくる積みポケモンを麻痺で機能停止させる狙い。テッカグヤハッサムを抜いている可能性を出来るだけ上げるためにSは252振り。麻痺した何かを抜いている可能性も上がる。クレセリアポリゴン2に放電麻痺やDダウンをさせまくって突破したりする。麻痺は後続の怯み技や身代わりとも相性がいい。

 

f:id:cappuccino_poke:20170321015212g:plain

メタグロス@メタグロスナイト
クリアボディ→かたいツメ
156-187-150-X-110-134→156-197-170-X-130-178
アイアンヘッド/れいとうパンチ/じしん/がんせきふうじ

対面性能の高いメガシンカ枠。岩石封じはリザYやウルガモスの対策。岩石封じに代えて岩雪崩の場合リザの型を読み違えてXだった場合でも怯ませて突破する可能性がある。相手のメタグロスカミツルギが重いので準速マンダ抜きなどの調整はせず最速。最速の上にガブ意識の耐久調整までするとAがかなり怪しくなるので耐久調整もせずASぶっぱになった。思念の頭突きがサイコフィールドと相性がいいと思ってメタグロスを採用したが、外しが怖すぎたので結局アイアンヘッドになった。

 

f:id:cappuccino_poke:20170321022252g:plain

カプ・レヒレ@ミズZ
ミストメイカー
175-X-141-157-151-106
ハイドロポンプ/ムーンフォース/しぜんのいかり/くろいきり

バシャーモ、リザXの対策として。メタグロスと相性補完がいい。電気タイプの後出しを許さないために控え目でミズZ。対面のギルガルドにも勝てる。特にバシャーモに役割を持ちたいポケモンなので、剣の舞やビルドアップからのバトンに対応出来るようにするため黒い霧を採用。黒い霧のおかげでブイズやフワライドを含めバトンには勝ちやすくなったが、挑発と比べて対耐久ポケモンにおいて不安が残る。陽気ガブの地震2耐え余りC。相手がどんな構築でも迷ったら出せるポケモン

 

f:id:cappuccino_poke:20160315235511g:plain

グライオン@どくどくだま
ポイズンヒール
177-116-146-X-111-149
じしん/ハサミギロチン/みがわり/バトンタッチ

ギルガルドやカプ・コケコの対策。地面の一貫切り。初手のギルガルドはかなり多いので合わせに行く。身代わり、地震ギルガルド対策のため。こちらが身代わりを貼るタイミングでマンムー等が出てくるが、それに対してアドを取るためにバトンタッチを採用。氷柱針を身代わり状態のカプ・レヒレメタグロスで受けることで身代わりを残したまま有利対面を作れる(ただし氷柱針の回数が多いと身代わりが壊れる場合もある)。普通に対面操作としても使いやすかった。最後の枠は受けル対策のためハサミギロチンにした。今の受けルはグライオンを採用していないことが多いので上から身代わりをされて泣くことはあまりない。(※後で構築記事読んでたらグライオンたくさんいました。しかもこのグライオンより大抵S上でした。QRループや私がよく戦ってたレート帯の受けループには少なかったと思います。それに毒地震なら風船ジバコに打点ないのでPPで勝てます。)エアームドジバコイルでキャッチ出来るので対受けルの勝率は悪くなかった。調整の意図は準速ミミッキュ抜き抜き(最速デンジュモク抜き)余りHD。

 

f:id:cappuccino_poke:20170321015315g:plain

ゲッコウガ@きあいのタスキ
へんげんじざい
147-X-88-155-91-191
あくのはどう/れいとうビーム/みずしゅりけん/めざめるパワー(炎)

最終日前日までタスキパルシェンだった枠。あまりにもパルシェンの選出率が低いので、重かったカミツルギクレセリアに勝ててメタグロスを上から殴れるゲッコウガを投入。持ち物は無難にきあいのタスキとした。削り残した何かを削り切ったりミミッキュの化けの皮とタスキを同時に潰したりできるように水手裏剣を採用したが使用頻度は高かった。

 

【終わりに】
やりたいことをやって勝つゲームや運勝ちするゲームが多かったので使っていて楽しい構築でした。S3からクチートが来るらしいのでまた新しい環境でポケモンを出来るのが楽しみです。

なにかあればコメントかtwitter(@saitsuyo_poke)まで。

 

f:id:cappuccino_poke:20170322164725p:plain

【S17シングル使用構築】棺桶型受けループ改【最終2020/最高2071】

【始めに】

シーズン17で使用した構築の記事です。
TN「かぷちーの」と「ちたんだえる」で使用。
ちたんだえる 最高レート2071、最終レート2020
かぷちーの  最高レート2027、最終レート2008

 

f:id:cappuccino_poke:20160316004618p:plain

前記事と全く同じ6体の並びで、ヤドラン、ラッキー、バンギラスにいたっては前記事

cappuccino-poke.hatenablog.com

と全く同じ個体なので解説は省きます。
変更した個体については前記事の個体と比較して書くのでそちらも合わせて読んでいただければと思います。

 

【個体解説】

f:id:cappuccino_poke:20160316000619g:plain

ヤドラン@ヤドランナイト
さいせいりょく
201-/-178-121-101-51 (メガ前)
なまける/てっぺき/でんじは/ねっとう

 f:id:cappuccino_poke:20160315234853g:plain

ラッキー@しんかのきせき
しぜんかいふく
327-/-62-/-156-70
タマゴうみ/ちきゅうなげ/でんじは/どくどく

 f:id:cappuccino_poke:20160316000847g:plain

バンギラス@イバンのみ
すなおこし
207-160-131-/-160-82
おいうち/かみくだく/イカサマ/ほえる

生意気おいうち/かみくだく/イカサマ/れいとうビーム、で無振りマリルリに抜かれているやつも使っていた。冷ビはボーマンダ意識。吠えるは身代わりメガゲンガー意識。
吠えるがなくてもHAオボンマリルリの腹太鼓に対してイカサマ+砂2回で5割くらいの乱数で倒せる。実際にはHよりSに割いている型も多く割となんとかなっていた。
最終的にはゲンガーが気になったので吠えるで使っていた。


以下個体を変えたポケモン

 

f:id:cappuccino_poke:20160315235511g:plain

グライオン@どくどくだま
ポイズンヒール
177-116-146-/-106-155
みがわり/まもる/じしん/ハサミギロチン

腕白で使用していたものを準速ガブリアス抜きの陽気に変更。遅いボルトロスウォッシュロトムを抜いていることが大きい。
上からみがまも出来ることでラッキーやデスカーンの撒く毒との相性が良い。
削れた最速でないガルーラに止めを刺したり、自身より遅いポケモンTODをできたりと、陽気の方が強いと感じた。
選出率は大きく上がった。ラキグライヤドランが基本選出と言われている理由をようやく理解した。
Dに振っているがここを削って最速にしてもよかったかもしれない。

 

f:id:cappuccino_poke:20160316001050g:plain

ナットレイゴツゴツメット
てつのトゲ
181-122-193-/-136-22
ねむる/ジャイロボール/タネマシンガン/ねごと

宿り木の種を寝言に変更。また、Dに振っていた部分をABに割いた。
Aはガブリアス意識だが、ガブリアスに対してこの調整が役に立ったことはなかった。
最後の枠の宿り木の種も眠るも鈍いも「ないと勝てない」というより「あると嬉しい」くらいの感じの技なので何が一番強いかは結論が出なかった。

 

f:id:cappuccino_poke:20160316001201g:plain

デスカーン@オボンのみ
ミイラ
164-/-216-/-127-50
ねむる/いたみわけ/のろい/どくびし

ガルーラとかに鬼火を打ったらヒードランとかが出てくるので有利対面は鬼火ではなく毒菱を打っていた。打つ機会の少ない鬼火を眠るに変えた。
TODしやすい。この技構成に出来たのは陽気グライオンがS上昇補正以外のガルーラの上を取ることができるからである。
受けループミラーにおいて毒菱を撒いてから呪いでグライオンを流し、バンギラスやラッキーにスリップを入れ、最終ターンに眠ってTOD勝利という流れを狙っていた。
一度も受けループとマッチングしなかったので実際に上手くいくかは分からない。

 

【最後に】
oras最終シーズンなので今までに使った構築の中で一番気に入っている受けループを使いました。
パーティは強くなっているはずなのにレートがシーズン14より低いのは対戦数が少ないからだと思います。2ROM合せて200戦もしていなかったので試行回数を稼ぎ切れていないのかなと。
2100を達成した構築しか記事を書かないつもりでしたが、oras最後のレートなので一応残しておくことにしました。今まで対戦してくださったみなさんありがとうございました。

【S14シングル使用構築】棺桶型受けループ【最終2105/131位】

初めまして。かぷちーのと申します。初めてレート2100を達成したので記念に書きます。構築は受けループです。

最終レート2105最終順位131位
サブロム(ちたんだえる)も同じ構築を使って最終レート2070最終順位179位

f:id:cappuccino_poke:20160316004618p:plain

 

【個体解説】

f:id:cappuccino_poke:20160315234853g:plain

ラッキー@進化の輝石
特性:自然回復
性格:図太い
実数値:327(12)-/-62(252)-/-156(244)-70
技構成:タマゴ産み/地球投げ/電磁波/毒毒
特殊全般を受ける。
技構成については、タマゴ産み、地球投げは確定。物理を誤魔化す電磁波も欲しい。
最後の枠は悪巧みをしてくるポケモンに打つ技として毒毒を採用した。威張るや小さくなるも強力だが運が悪いと意味がないし交代戦で効果が残らない技なので採用しなかった。
悪巧み霊獣ボルトロスは毒を入れてからグライオンやヤドランに交換をしてターンを稼がなければならないことがある。
Hにもう少し振るとミラーでTOD勝ちができゲッコウガにも負けにくくなり、Sにもう少し振るとクチートや遅いマリルリに先制で電磁波を打てる。硬い方が強いと思ったのでこの振り方にしていた。

 

f:id:cappuccino_poke:20160315235511g:plain

グライオン@毒毒玉
特性:ポイズンヒール
性格:腕白
実数値:177(212)-116(4)-165(36)-/-115(156)-128(100)
技構成:身代わり/守る/地震/ハサミギロチン
TODをすることとギルガルドヒードランを見ることとキツいポケモンをハサミギロチンで倒すことが役割。
準速メガヘラ抜き。ポイヒ意識のHでBを11nあとはDにたくさん振った。もっとSに割いて遅いボルトロスを抜くのもありだと思う。
身代わり守るはグライオンのメインウェポン。地震ギルガルドヒードランへの遂行のため。ハサミギロチンは運次第だが技スペース1つで役割範囲が大きく広がる。
ギルガルドが気合の襷を持っていて返り討ちにされることがよくある。

 

f:id:cappuccino_poke:20160316000619g:plain

ヤドラン@ヤドランナイト
特性:再生力
性格:図太い
実数値:201(244)-/-178(252)-121(4)-101(4)-51(4) (メガ前)
技構成:怠ける/鉄壁/電磁波/熱湯
物理全般を受ける。
対面のガルーラに勝てそうに見えるテンプレの技構成。
ガルーラの秘密の力岩雪崩等で倒される確率を減らした方が勝率は上がると考えたのでHBほぼぶっぱ。グロパン捨て身も耐えるためガルーラに投げて電磁波を入れるくらいは出来る。Sに4振ったので麻痺メガゲンガーを抜ける。
メガ進化していないと鉢巻ガブリアスは受からない。

 

f:id:cappuccino_poke:20160316000847g:plain

バンギラス@イバンの実
特性:砂起こし
性格:慎重
実数値:207(252)-160(44)-131(4)-/-160(204)-82(4)
技構成:追い打ち/噛み砕く/イカサマ/吠える
ゲンガーを追い打ちで処理するためのポケモン
イバンの実を持たせることでラムの実と比べて選出しやすくなった。対ゲンガーのみを考えるとラムの方が役立つ場面が多いとは思う。
努力値は有名な調整。追い打ち成功で大体ゲンガーを倒せる。
吠えるは身代わりを盾に交換するメガゲンガーを呼び戻したり、腹太鼓の起点にしてくるマリルリを流したり出来る。対ガルーラもイカサマがあるためメガしてグロウパンチは打たせない。

 

f:id:cappuccino_poke:20160316001050g:plain

ナットレイゴツゴツメット
特性:鉄のトゲ
性格:呑気
実数値:181(252)-114-187(148)-/-150(108)-22
ジャイロボール/タネマシンガン/宿り木の種/眠る
サーナイトニンフィアスイクンジャローダキノガッサに勝てそうなポケモン
上記のポケモンが選出されていなくても接触技に受け出してダメージを稼ぐことができるので選出しやすい。
草技がタネマシンガンなのは身代わりスイクン等を意識して。眠るは熱湯火傷対策。宿り木の枠はしばらくは鈍いだったが殆ど使わないので削りと回復を兼ねる宿り木にした。
ガブリアスをジャイロボール2回で倒せる程度にAに振った方が強そうだが、4箇所に努力値を振ると4余るのが勿体なくて振れなかった。

 

f:id:cappuccino_poke:20160316001201g:plain

デスカーン@オボンの実
特性:ミイラ
性格:図太い
実数値:164(244)-/-216(252)-/-127(12)-50
技構成:痛み分け/呪い/鬼火/毒菱
役割対象はガルーラヘラクロス、バトンパ、害悪、受け回し系。
ボルトゴーリ系統の構築はデスカーンバンギラスグライオンorナットレイの選出で誤魔化していた。毒菱や呪いでオニゴーリの行動回数を制限できるが何もせずに零度当てられることが10回に3回くらいある。
ラッキーやグライオンのHをあまり振っていないので相手の受けループにはTODで勝てない。そのためデスカーンの呪いで相手のグライオンを流しながらグライオンを出してハサミギロチンが当たるかどうかの勝負にしていた。
役割対象的にメガゲンガーでよさそうな気もするが耐久の低いポケモンをこの構築に組み込む自信がなかった。

 

 【終わりに】

基本選出は特にありません。数えてはいませんが一番多い選出はヤドランラッキーナットレイだと思います。

純正受けループのメガフシギバナエアームドの枠をナットレイに圧縮して空いたところにデスカーンを突っ込んだような構築です。
オボンを持って剣の舞をするキノガッサに勝てない、腹太鼓マリルリが受からない、マンムーに地割れの試行回数を稼がれる、等が純正と比べたデメリットです。
ガルーラが裏のデスカーンを読んだ行動をしてくる場合があることとヘラクロスに強いことがメリットです。ナットレイは鋼枠として見るとエアームドより弱く、草枠として見るとフシギバナより弱いです。
今の環境は噛み砕くガルーラや剣の舞キノガッサマリルリが多いように感じるので間違った選択だったかもしれません。
ここまでに書いてないポケモンだとボーマンダブルンゲル、挑発持ちの特殊(ゴツメボルトロスサザンドラ)も基本的には勝てません。

質問や指摘等ありましたらコメント欄かtwitter(@saitsuyo_poke)までどうぞ。